2018年12月03日

R&D PROTO (1986/87)

ACEFFAC3-7375-4B56-B2C1-CBE1E567DF65.jpeg
当時の定価が55000円というISHIHARAの超高級マシン、「R&D PROTO」です。
数々の傑作車を世に出した武田訓成氏により設計されたもので、日本車の中でもボールリンクサスペンションを最も早期に導入したマシンの一つです。ROADRUNNERシリーズのような、AYKの製品とのパーツの互換性は、全くありません。
1988年の全日本選手権で4位入賞という記録を残しています。

1CFDA80F-89B7-43BC-AD94-EB51F0BBA87A.jpeg
2.2m厚のワイドなカーボン製シャーシ。
Tバーもカーボン製で、ボールリンクを介してシャーシ上に重ね合わせる方式です。

E54176AA-C200-4694-8C70-9CF3F3FDDF77.jpeg
83B588F5-CDBE-4C57-A3D5-4128B25B0BDB.jpeg
削り出しパーツにより構成された贅沢な作りのフロント周り。
ナックルの内部がオイルダンパーとなっていて、キングピンコイルスプリング式サスペンションによる自らの上下運動を制御するという、極めて個性的な仕組みです。
また、ステアリングロッドはターンバックルとなっています。これも日本国内において採用したのは、本車が最初ではないかと思います。

3EFF2F94-7711-4C73-AB85-AED3DA277288.jpeg
リアには二本のオイルダンパーを斜めに配置して、ピッチングとローリングを同時に制御できるよう工夫されています。
デフは小さなプラネタリーギアを4つを使ったギアタイプで、スパーギアは非常に厚みがあり歯のピッチは細かくなっています。また、アクスルも従来の日本車の水準に比して太い径のものが採用されています。
加えてさらには、モーターをオフセットするなど、このように、本車は、主に海外で発達しつつあった当時の最先端技術を一挙に盛り込んだ内容となっていました。もっとも、全体的に製品としての工作精度があまり良くなく、そのため一般のユーザーが所期の性能を発揮させることはそれほど簡単ではなかっただろうと推察します。
なお写真の車では、モーターとしてISHIHARAオリジナルのCOBRAを搭載しています。

posted by NNC at 00:00| Comment(0) | R&D ISHIHARA

2018年09月18日

LTX-40 (late 70’s)

807EC246-C506-4109-B9F6-2916113DF337.jpeg
LaTraxのLTX-40です。
LaTraxは米国テキサス州のメーカーですが、このキットは台湾で製造されたものになります。

4DDF11E3-5E8D-430E-ACA2-56A486017F79.jpeg
ジュラルミン板によるシンプルな形状のシャーシー。
バッテリーは、当時の米国車としては一般的な、左右に振り分けるスタイルです。

DDF33321-5ACA-4D78-8825-86AB7AA5911B.jpeg
フロントは、キングピンコイルスプリング式のサスペンション付きです。
これも初期の米国車に良く見られた、ストロークの大きなタイプのものです。

2DB8EC7E-AAD6-4FB7-880C-7FCFB210F4DA.jpeg
リアのサスペンションは、明確な回転軸を中心にアクスルマウントが左右にローリングする構造です。
簡易ダンパーとして機能させるために、アクスルマウントとシャーシーの間にはスポンジが挿入されています。
防塵カバーで保護されたギアに、デフの装備はありません。
モーターは380サイズ、スピードコントローラーは電子式のものです。

05F1BCCF-C6DC-42AC-8304-72AEC1FF404C.jpeg
このキットは、送受信機としてFUTABAのFP-2Pをセットしたうえで販売されていました。

C2C54516-8587-4967-9860-90759DA6F0F8.jpeg
ポルシェ936の樹脂製ボディも付属。
タミヤ製のボディから型を取ったものでしょうか?
posted by NNC at 00:00| Comment(2) | OTHERS

2018年08月28日

MONZA (1981)

EC15F89B-F74D-4E38-868F-0F04D4F2AAA4.jpeg
随分と久しぶりの更新となります。
SG RACING の MONZAです。
日本車とは異なる独特のセンスを感じる車です。
日本国内においても輸入代理店を通じて一定数の個体が販売されたようです。

5519DFC5-5894-4458-8DEF-CB763F360B4F.jpeg
SG特有の茶色いFRPで作られた幅の広いシャーシー。
ただし、後掲の写真のように、ナチュラルカラーのFRPが使用されたモデルもありました。
シャーシー前部の形状は、1/8エンジンカーのFTURAにも似ています。
他方、後部の形状は主としてピッチングを担うためのものと思われます。
バッテリーは、左右の羽根のような部分に振り分けて搭載する方式です。

B5E84091-8B3C-4368-9A88-AEE506E6F413.jpeg
フロントアームやナックルは、ANTARESから受け継いだものです。
また、工具を必要とせずに各サーボの脱着が出来るというユニークなサーボマウントは、1/8エンジンカーで使われていたものが流用されています。

01D095A4-5997-4557-BB6B-60E0FAA023F4.jpeg
98C17DDD-57D0-49D8-9571-1176660FE090.jpeg
本車の最大の特徴であるリア周り。
アクスルマウントが、前後に並んだ2つの支点でゴムブッシュを介してフローティングされ、これによって左右にローリングする機構です。
特に後部側の支点についてはボールコネクトとなっており、ナットによるゴムブッシュの締め付け具合によって、サスペンションとしての効果を調節できるようになっています。
なお、デフは、ボールタイプのものが標準装備されています。



posted by NNC at 00:00| Comment(0) | SG RACING